お電話からのお問い合わせ

営業時間 平日9:00~18:00

092-406-4702 092-406-4703

総務効率化EFFICIENT

面倒な総務の仕事はまるごと社会保険労務士に任せましょう。 

社会保険労務士を活用すれば、総務を大幅に省力化でき、かつより正確な処理が可能となります!

従業員を雇用すれば、会社には責任が生じ、遵守しなければならない法律も数多く存在します。また、社会保険事務所やハローワークに対して行わなければならない事務手続も非常に煩雑です。 社会保険労務士は、会社のそのような面をサポートする職業です。下記一覧をご覧下さい。

手続

社内の人員だけで対処する場合

非常に煩雑な上、頻繁に変わるので、 いちいち調べなければならない。手続に割く時間と手間がもったいない。

社労士委託済の場合  

専門家なので、迅速に処理できる。電話一本入れておけば、後は本業に専念できる。

給与計算

社内の人員だけで対処する場合

社会保険料の料率は頻繁に変更されるため、 間違いが起こりやすい。また時間外手当等の計算は難しく、正確に行うのは至難の技である。

社労士委託済の場合  

各種料率変更にも迅速に対応、計算材料をFAXしておけば、正確な計算ののち、給与明細が出来上がる。余った時間を有効に活用できる。

立入調査

社内の人員だけで対処する場合

知識不足によって知らずに法違反を犯しており、多額の追徴金を徴収される危険性がある。

社労士委託済の場合  

日頃から問題点を抽出、改善策を提案することにより、リスクを軽減できる。また、調査にも立ち会うので安心できる。

労使紛争

社内の人員だけで対処する場合

知識がないため、相手のいいなりに なってしまう。また、対応を誤り、問題がよりこじれてしまう可能性がある。

社労士委託済の場合  

労働基準法等の専門知識に基づき、適切な対応をアドバイスすることによって、問題を迅速に解決できる。

環境整備

社内の人員だけで対処する場合

従業員はみな自分の仕事に集中しているのでどうすれば全ての従業員にとって、よりよい労働環境を作れるかという視点を持ち合わせていない。

社労士委託済の場合  

第3者の視点から、従業員のやる気が向上するような施策を企画し、提案するので、次第に労働環境が整備され、従業員満足度が向上し、離職率が低下。

助成金

社内の人員だけで対処する場合

周知が徹底されていないので、知識を持っている人は非常にまれである。

社労士委託済の場合  

もらえる可能性のある助成金を提案し、支給申請も代行するので、特段の手間をかけずに資金を調達できる。

法改正

社内の人員だけで対処する場合

頻繁に改正があるので、ついていけず、知らずに法律違反を犯している。

社労士委託済の場合  

改正があるたびに通知し、対応策を提案するので、安心できる。

いかがでしょうか。

上記のように、社会保険労務士を活用すれば、様々なメリットが得られます!! ぜひ、社会保険労務士の活用をご検討ください!

また、社労士を活用するなら給与計算の代行まで一括して委託されることを強くお勧めいたします。 いわゆる「なにかあったら相談するだけの顧問」では、「会社の中身」や「人の動き」を詳しく知ることができないため、効果的な提案は難しく、ただ聞かれたことに答えるしかできないので、本来発揮しうるメリットの半分も発揮することができません。

給与計算のような深い部分までをご委託頂けていれば、その会社の労働・社会保険関係の法令順守(コンプライアンス)面について、かなり具体的な情報が毎月蓄積されていくので、法改正があったときなど、いち早く「こうしたほうがよい」という情報を発信することができます。

「返済不要の事業資金」である公的助成金の活用についても、そのような蓄積された情報があれば、新しいものが出た時など、「この助成金はあの会社にぴったりだ」といった判断が即座にでき、また解雇履歴など助成金の不支給要件に該当するような材料についてもあらかじめ把握できているので、いち早く効果的な提案ができます。

はなだ事務所は、顧問業務をお任せ頂く以上100%の能力を発揮して、より大きく企業の経営に貢献できるよう、そのために必要な情報収集のための委託パターンとして、「総務アウトソーシング」をお勧めしております。